阿武隈川の徳定無堤防地区に堤防設置へ

 かねてより事業の進んでいた阿武隈川の徳定地区に広がる無堤防地区に1.1kmにわたり、令和2年度中にいよいよ堤防が完成します。また、埋蔵文化財の調査等で、今年の出水期までに堤防が間に合わないため、出水期前の6月をめどに本堤防の内側に仮堤防を築くことも合わせて発表されています(下の図をご参照ください)。

 国は、10年をかけて今回の台風第19号と同程度の雨が降っても氾濫しないよう、阿武隈川の整備を進めていく計画ですが、その水害対策に合わせて堤防整備が急速に進むこととなります。

 ただ、それにより、川幅の半分しかかかっていない安積永盛駅前線の永徳橋が、完全に河原の中に取り残されてしまう形となるため、早急な対応が必要だと考えています。永徳橋は、郡山の治水の歴史も関係して、計画8メートルのところを6メートルしか幅の無い橋が架けられており、朝夕のラッシュ時の通勤通学の車と学生たちが混然となって狭い橋を渡っている危険地帯です。それが川を渡り終えた後に堤防を乗り越えなければならないという更に危険な状態となります。

 河原で旋回していた路線バスも、堤防工事の為に旋回場所を確保できず徳定地区まで来ない状況となっています。

 これらの厳しい状況を、一刻も早く解決するため取り組んでまいります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました