郡山市議会 創風会 市議会議員 川前みつのりです

DSC_0132_680

郡山市議会 創風会 市議会議員 川前みつのりです。
創風会の基本理念は、「市民の安全で安心、こころ豊かな暮らしと文化の創造をめざし、市民が生き生きと輝く未来都市郡山」の実現を追及することです。川前光徳も、創風会5つの活動指針に沿って、滅私奉公で取り組んでいます。

市議会の一員として

現在、議会活性化委員会では、議員定数や委員会での議論の進め方、会派のあり方、そして議会基本条例など、様々な議会の課題に取り組んでいます。2月24日からスタートした平成27年3月定例会では、初日の本会議において、議会の定数を40人から2人減の38人へと変更する条例の改正案を、創風会を含む賛成多数で可決しました。

中心市街地の活性化

平成26年度発表を目指していた中心市街地活性化基本計画は、一旦見送りとなりましたが、平成27年度の6月定例会の市政一般質問で、川前みつのりの質問に答える形で、新たなる、実効性のある中心市街地活性化基本計画が策定されることが発表されました。今後も、旧豊田貯水池の再利用の問題など、中心市街地の様々な問題に取り組んでまいります。

浸水被害対策

郡山市は、中心市街地を中心に、ゲリラ豪雨による浸水被害が発生する状況にあります。その有効な対策として、国の「100㎜/h安心プラン」に、東北で初めて郡山が登録されました。①河川の整備 ②下水道整備 ③流域対策 ④ソフト対策。主な事業は3号雨水幹線増補管と同じような大型の雨水貯留管を浸水地域に設置する事業です。

農業の復興

種類が豊富で品質の高い郡山産の農産物は、全国的にみても評価が高く、平成26年に開催された野菜ソムリエ協会主催のコンクールにおいて、4品種が入賞するという快挙を収めました。これは、郡山の若手農業者が中心となって取り組んできた郡山産野菜のブランド化が成果を出し始めたことによります。これらの取り組みを応援し、農業の復興を成し遂げます。

教育・文化・芸術・スポーツ・音楽の推進

教育は地域づくりの根幹であり、次世代を担う地域の若者が、恵まれた環境で充実した内容の教育を受けることができる体制を作らなければなりません。それと同時に、文化・芸術・スポーツ・音楽の振興を図り、郡山で暮らす人々が心豊かな生活を送ることができる街をつくります。

福祉の充実と少子化対策

人生を最後まで元気に送りたいと思うのは、誰しも考える願いであり、その実現のためには、本人ばかりでなく、周りの家族をもサポートする福祉政策の充実が必要です。そして、それと同時に結果が出るまでに40年50年とかかる長いスパンの政策ではありますが、少子化対策に地道に取り組み、子育て環境の充実を図っていかなければなりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする