屋外は喫煙所設置可、国が受動喫煙対策を閣議決定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開会中の郡山市議会3月定例会の市政一般質問で、登壇し取り上げた郡山市の受動喫煙対策についての内容が朝日新聞に取り上げられました(下の写真1枚目)。

もちろん、市民の健康は大事です。受動喫煙対策も進めなければなりません。ですが、今の郡山市の道路で吸わせる施策だと受動喫煙は広がる一方です。

ちょうど同じ日に、国が受動喫煙対策を閣議決定しました(下の2枚目と3枚目の写真、福島民友3/10)。これによると、屋内は完全禁煙ですが、屋外は喫煙場所の設置を認めています。(※実は、この規制も表にある通り、限られた場所だけの話なんですが。)

この国の対策と同じように、郡山市も市民の健康を守るため、敷地内禁煙と言って道路でたばこを吸わせる施策から、屋外に喫煙場所を設置して、その決められた場所で吸ってもらう方向に転換しましょうよ。

市民の健康が大事です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする